« January 2010 | Main | March 2010 »

ラジオの〆切

前回の書込みを受けて、数人の方から「エンジン音の〆切はいつ頃ですか」とのメールを頂きました。
これは実は収録日が固定じゃないので、明確にいつとは言えないのですが、このコーナーだけは短いです。
聞いてから3~4日ぐらいで出した方が安全だと思います。
土日に頑張って調べて、月曜ぐらいに出してくれると吉かもしれません。

ここで坂本先生のお言葉を。
「はっはっは、宮藤。兵は巧遅よりも拙速を尊ぶのだぞ」
次にシャーリー先生からもお言葉を。
「スピードこそ武器だよ」

※改めて追加です。
いつが〆切という明確な日を確定するのは難しいです。
それは前述の通り、収録日が変動するからです。
どちらにしても、次の放送を過ぎた物は全てNGです。
上記の記述を目安として、出してくれると嬉しいですが、それを過ぎた場合も何とかなるかどうかは検討してみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラジオネーム

ストライクウィッチーズ・スターライトストリーム、毎回毎回多数のお便りを頂いています。
ふつおたのコーナーなどは、収録前に膨大なお手紙の中から、声優さんお二人が実際に読んで選んでいます(エンジン音はKサプライさんが最初に選別してから、私が読んでいますけど)が、ここで一つ問題が。
実は、ラジオネームが読みにくいのも結構あるんですね。
普通の名前であっても、漢字の読みが複数ある場合なんかは、よみがなを付けて下さると助かるかなあ、と。
名前読めないから、ボツ!ってのはもったいないし(まだないけど……悩んだのはあったな)

それと、今日のエンジン音のコーナーでも、第何回向けの回答か不明なのが結構ありました。
エンジン音3回目の回答に、どう見ても2回目の正解が混じっていたり。
これは、ぎりぎりまで悩んで送ってくれたのでしょうけど、収録より後に届くと、自動的に次回分と判断されちゃうんで早めに送るのがいいかと。

一つの例ですが、お手紙の書き方は
コーナー名「○○」※今日のエンジン音だと、第何回とか何日放送分とかあるといいかも
ラジオネーム「○○(読み仮名)」
と最初に書くのもありだと思います。

それにしても、みんなよく当てに来るなあ。
このままだと、さっさと伍長が出てしまうかもしれないので、次のアイテムも考えないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日のエンジン音

さて、ストライクウィッチーズ・スターライトストリームも第5回が放送、配信ともに行われました。
我々が予想する以上のお便りが寄せられており、そのチェックだけでも嬉しい悲鳴が止りません。
特に、今日のエンジン音のコーナーは、まあそんなに正解もメールも来ないだろう、なんて思っていたんですが、ふたを開けると予想を大幅に超える反応で。
実際に聞き分けて確実に当てに来る人もいるぐらいです。
今回は、大多数の回答が近い線まで来ていたので、ちょっと厳しめにしています。
まあ、ヒントから素直に考えて頂くのが正解なのと、型番違いの機体は実機を聞くと微妙に違うんですよね。

今回のエンジン音は、そんな結果を反省してちょっと音源自体とヒントの難易度は上げてみました。
「ストライクウィッチーズに因んだ」という方向性で考えると、かなり難しくなると思います。
アニメ本編からは一旦離れて、ヒントから考えて頂ければ、と。
そんな設問なので、今回は型番や固有機体まで考えず、単純に機種を当てて頂くだけで正解になります。

しかし、エンジン音コーナーは、海外で実機から収録した物なのですが、今はネットとかで実機の音が簡単に拾えるんですねえ。
びっくり。
音が悪くて、出題や効果音を作るのには使えませんが、聞き比べるのにはいいかも。

でも、記録映画などの音は、例えばこれがドイツ週間ニュースとかであっても、実際の音と違うことが結構あります。
というのは、意外と実際の音が映像とあわせた時にそれっぽくないのが珍しくないからなんですね。
ですので、後からそれらしい効果音を付けているのも珍しくありません。
そのため、本日発売のチャンピオンレッドいちごに付いている「セーラー服と重戦車」ドラマCDでは相当苦労しました。
あれも、実際のティーガー、パンター、シェリダン三種類の走行音、しかも路面状況まで出来るだけ似たようなのを探して、またそれぞれの発射音も車内、車外双方を探しました。
シレイラミサイルとか、アハトアハトは割と何とかなるんですが、一番苦労したのはパンターの主砲。
前述のドイツ週間ニュースは、パンターが出てきた頃は戦況が悪化してきていたので、ナレーションと音楽を被せて音があまり判らないようになっているんですね。
その上、車内で聞いた発射音は通常想像する「ドガーン」のような感じにならなくて。
それが一番困りものでした。
今回は実際の音という路線を優先しましたが、映像作品の場合は実際の音よりも効果としてこんな音を使いたいのを優先するのも必要だと、痛感。


……ちなみに、今回のユニットは某所で絵は出ていますが、かなりハードルは高めかも。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main | March 2010 »