« November 2009 | Main | January 2010 »

それでは皆様良いお年を

今年はストライクウィッチーズで始まり、ストライクウィッチーズで終わった一年でした。
来年は今年以上にストライクウィッチーズの年になると思います。
というか、そういった年にしたいですね。
…まさか本読みが一年を越えるとは思いませんでしたが。
同じ時期に本読みが始まった作品が、放送まで終わっているのに、オリジナルはやっぱり恐るべし。

来年は、ストライクウィッチーズの物語だけではなく、ワールドウィッチーズももっと取り上げたいですね。
可能ならば、ヒストリカルノートでも出せれば、と。
ミラージュ他の500番台の統合戦闘航空団の紹介や、ストーム他の10番台から50番台の二桁ナンバーズ、そして各国の有名部隊や著名ウィッチ、そのちょっとしたエピソードを見せる機会があればいいなあ、と。

そんな妄想だけはあるんですが、それはともかく、皆様良いお年を。
そして来年もストライクウィッチーズを宜しくお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬コミとか

1355345765_151
さて、もうすぐ冬コミですが、今回私は出ておりません。
でも、野上さんのFirstspearにて、突発本もある模様です。
場所は3日目の31日(木)ノ-30aとの事です。

また、ストライクウィッチーズの公式HPなどを置いてくれているCUTE.incが、「Wings of Witches」というカードゲームを出してくれるそうです。
場所は、1日目29日(火)ム-38a「12次元」
2日目30日(水)V-56b 「ロリータソフト」/コ-19b 「Q&A レコード」
との事です。
内容の監修をさせて頂きました。

来年は、もっと色々ワールドウィッチーズを広げていければいいなと思っています。
もちろん、本家本元のストライクウィッチーズもですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サトゥルナーリアの日

このアフリカにも冬は来る。
12月中旬から25日まで続くサトゥルナーリアは、冬至の訪れと昼が長くなっていく事を祝う、つまり来年の豊穣を願う祭りだ。
そして、最終日には、みんなにプレゼントをするらしい。
扶桑では、ゆず湯に入り、カボチャを食べるが、残念ながらこのアフリカでゆず湯に入るなんて贅沢は許されていない。
ちょっと残念。

カボチャは真美が腕によりをかけて料理します、と言っていたので、そっちは大丈夫だろう。

「何だ、これは?」
と思ったら、テントの外から声がする。
「ほうとうですよ」
「ホウトウ?」
ちょろっとテントから顔を出すと、すっかり真美専用となった大きな鍋の前で、マルセイユが怪訝な顔をしている。
まあ、そりゃそうだろう。
ほうとうを知っているカールスラント人なんて、そうそういないだろうし。
「それは、扶桑の野菜煮込みパスタよ。タリアテッレみたいな麺だけど」
そう言うと、やっとほっとした顔を浮かべた。
「ふむ、面白そうだな。どれ、一つ貰おうか」
「はい、今用意します」
割烹着姿の真美が、鍋からマルセイユの椀によそう。
ふと周囲を見ると、飯盒を抱えた兵たちが遠巻きにしている。
「あなた方もいらっしゃい。お口にあうかはわからないけど、今日これを食べると、風邪を引かないって扶桑では言うのよ」
そう言うと、わっと兵たちが鍋の前に行列を作る。
あらあら、すっかり真美に餌付けされてしまって。

自分も一つ貰って、テーブルで食べているマルセイユの前に座る。
「なかなかいけるな、これ。ほどよい甘さがいい」
「そうね、カボチャの甘さが冬にはちょうどいいわ」
「え、カボチャが入っているのか?」
マルセイユが顔色を変えて、お椀を見つめている。
何というか、親の敵でも見るような目つきだ。
「…あなた、ひょっとして…カボチャ嫌いとか」
「バカを言うな、この私に好き嫌いなど」
「前にピーマンもダメだとか言ってなかった?」
「気のせいだろう」
軽く汗を垂らしながらマルセイユが答える。
何気に偏食なんだから。
まあ、ほうとうのカボチャは完全に溶かし込んであるから、何とか大丈夫みたい。
箸でしばらくかき混ぜてから、恐る恐る食べている。
ひょっとして、ばさばさしているのがダメとか?
じっとマルセイユを見ていると、慌ててお椀の残りをかき込む。
何というか、意外と子供っぽい…ちょっと待って、この間マルセイユの誕生日だったわよね。
何か、そこで引っかかったんだけど……。
「お、おい、どうした?」
「あーーーー!思い出した!」
「うわ、びっくりした」
いつも冷静なマルセイユが目を丸くしている。
周囲の兵士たちも何ごとか、とこっちを見ている。
慌てて、何でもないと謝罪しつつ、マルセイユの方を向く。
「そういえば、あなたまだ未成年でしょ。飲酒可能年齢になってないはず!」
すっかり大人びた姿に騙されていたので、忘れていたぞ。
「何を言う、カールスラントではもっと早くから…」
「知ってるわ、弱いお酒が16歳で、強いお酒が18歳でしょ、あなた、まだ」
「ふふん、あの程度水と同じだ」
「そーゆー問題じゃなく」
「ここはアフリカ、私が法律だ」
「そんなわけあるかーーー!」

…プレゼントに用意した、各国の銘酒はしばらく封印ね…はぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コスパとあくしず

角川さんから、コスパさんのストライクウィッチーズワークシャツ芳佳のTシャツを頂きました。
このワークシャツはスタッフの中でも大人気で、これなら普段着られる、なんて話も。
その時はたまたま高村監督に差し上げようと思って、東独軍の略帽を持って行ったんだけど、それとあわせると実にそれっぽい。
また、このワークシャツと同じデザインの物に、504のパッチを付けるととても良い感じになりそう。
黒地に赤なので、手軽に赤ズボン隊の一員に!
504のパッチもさっさと作らないとならないな、こりゃ。

唯一気になるのが、エポレット部分が短いので、ここに手袋や略帽をはさんでおけない事ですね。
それが出来れば最高だったのに。

618rrjt8k0l_ss500_
それから、MC☆あくしずの最新号も出ました。
こちらもスタッフで見ながら、あれこれ言ってみたり。
毎回ストライクウィッチーズピンナップの組み合わせが面白いのが、あくしずですね。
担当Aさんの趣味全開、って感じで。
今回は航空自衛隊特集で、ばとしすもそろそろ佳境に入ってきたって所でしょうか。

他にも色々と進行中で、お知らせしたい情報が沢山あるんですが、まだ紹介出来ないのが残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラマCDとか

秘め話CD3枚目も、無事ダビングも終了して大きなヤマは越えました。
前回やりすぎてしまったので、「今回はこの枚数までに抑えて下さい」ときつく釘をさされてしまい、お陰で今回は現場で、あそこ切らなきゃとかというのは無しに。
もっとも、書く前に切った部分が山盛りなんですが。

しかし、放送終了後もドラマCDやゲームの収録などでコンスタントにアフレコがあるので、安心して二期に繋げられそうな。
音響監督さんとは、別件でもご一緒したので、何か最近しょっちゅうあってませんか、なんて話が出るほどで。
そんな事もありつつ、二期に向けて、ネウロイの侵攻図とか戦況図、ビフレスト作戦の展開図なんかをつらつらと眺めつつ、年表をいじったりしていると、この辺りもきちんとまとめ直さないとなあ、と。
これらの図や、有名な戦いや著名部隊の概要、著名ウィッチのプロフィール紹介なんかを一冊にまとめられると色々便利なんですけどね…問題はその手間と暇が。
他にも資料映像として当時のニュース映画を見ていたら、マルセイユの映像が出てきて、細身で実に格好いい。
しかしまあ、その際に、あちこち引っかき回しても見つからなくて、洋書を取り寄せてようやく手に入れた写真が、普通に映像として家に転がっていたなんてオチもあったりして…トホホ。
この辺の映像を全部見返しておく必要がありそうだな~。

まあ、そんなこんなで、あれこれと、色々な案件が動いていますが、ようやく次号の娘タイプ辺りでその辺りをお知らせ出来るのではなんて思っています。

時期とかも?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »