« グッズ | Main | 娘タイプ »

ページの数え方

イベントの感想などのメールをいただきました。
ちょっとまた多忙なので、返事は遅れます。

さて、その中にDVDブックレットが100Pではないんじゃないでしょうか、という質問がありました。
なんで今更、とは思いますが、昔出版社にいた事もあり、面白かったのでちょっと解説してみます。
本の数え方は出版社によって異なりますが、表紙や裏表紙、その裏の白い部分(ここを表1~4と呼びます)も含めて数える場合と、それを除いて数える場合とあります。
あくしずとか丸とかは、見ていただくと分かりますが表紙が1Pという扱いになっていますね。
ここを含まない場合は、表紙やその裏、場合によっては遊び紙(表紙と扉の間に挟む紙)を除いて、扉から1Pとなります。
しかし、更に出版社によっては目次や図版、地図なども数えない所もあります。
そういった本は、扉が結構後ろにあったりします。
逆にニュータイプとかザ・スニーカーは折り込みポスターを1枚の裏表で4Pと数えていて、それに気を付けて数えないと表紙が5Pとかになってしまいます。
実は、このように数え方に特に規定はなく、出版社が独自に決めて良い事になっています。
最大は表1から表4までの表裏の枚数、最少は扉から奥付まででしょうか。
大まかに分けられるのは、表紙にカバーを掛けるタイプの本は扉から、そうでない場合は表1からというのがよく見るパターンです。
まあ、ある出版社のコミックのように、カバーがあっても表紙からというのもありますが。
何でこうなるかというと、実は印刷の都合で決めている場合が結構あって、台割(本を作る設計図のようなもの)の都合で決まったりもします。

どうでもいい豆知識でした。

|

« グッズ | Main | 娘タイプ »

Comments

ゲーム版の発売日発表が楽しみであります
なぜなら、錦と醇子の声がわかりますから

Posted by: ミスター腐女子 | April 26, 2009 12:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ページの数え方:

« グッズ | Main | 娘タイプ »