« あくしず、萌え戦、ストライクウィッチーズ | Main | 大人の事情 »

ストライクウィッチーズ放映直前

さて、ストライクウィッチーズも放映直前となりました。
公式HPで、番宣も出ています。
1話の納品もすでに完了していて、先週白箱を見ましたが、いやあ5年越しでやってきた作品が無事完成した事に、思わず感涙にむせんでしまいました。
高村監督を始め、各スタッフが頑張って下さったので、とても素晴らしい。
PVの時にこだわった銃の音やエンジン音も、今回もしっかり踏襲されていますし、監督が特にこだわられた部分もしっかりと。
でも、さすが絵描きの人だけあって、更なる上を追求しようとする姿勢には、ただただ驚くばかりです。
音楽も、時代にあわせて生楽器を使用しましょう、なんて大英断があって1クールのアニメとは思えないくらいです。いいなあ、やっぱり。

そんなこんなで、公式HPのアクセスも大幅に伸び、国内のみならず海外からも多くの足跡が付いています。
アメリカやアジア圏から多いのは当然ですが、欧州でトップクラスに多いのがフィンランド。
やはり、ユーティライネン効果でしょうか。
個人的には、カタヤイネンとかも好きなんですが。
(今ならライコネンとか)

そして、島田フミカネさんが、ご自分のBLOGで世界観などに関する直前説明をしてくださっています。
本来、公式で載せるべき情報なのですが、諸般の事情で対応出来ていなかったので、大変ありがたいことです。
2005年春にQ&Aを用意したのですが、この時点からほとんど設定周りの内容はぶれていないんだなあ、と読んでいて痛感。
ヤマグチノボルさんの小説版の3巻、「スオムスいらん子中隊はじける」も無事発売中。
百合度が300%ほど増していますが、それ以上に後書きが圧巻です。
ヤマグチさんの愛がどこにあるかがよく分ります。
いやあ、すばらしい。
帯をみるとわかりますが、「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」キャンペーンも実施中です。
このキャンペーン名を見て、「スニーカーの担当者さんの頭には何が詰まっているんですか」「愛と希望です」というトンでもない会話があったのは内緒です。

というわけで、皆様是非よろしくお願い申し上げます。

|

« あくしず、萌え戦、ストライクウィッチーズ | Main | 大人の事情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ストライクウィッチーズ放映直前:

« あくしず、萌え戦、ストライクウィッチーズ | Main | 大人の事情 »