« ヴァルハラの発売日 | Main | 忙しいです »

パラオ取材概要

Dsc_0158_1
パラオへ取材旅行へと赴く。
野上さんとの新作の取材で、現地の空気感などを把握しないと分からない事が多すぎだということで。
まずは概要のみの写真をつらつらと。それぞれの詳細は、少しずつ改めて載せていきます。
Dsc_0196_1
Dsc_0276
ダウンタウンの野球場裏に無造作に転がっている特二式内火艇。
上に、なぜか25mm連装機銃が後ろに乗っているが、多分戦後乗せられたのだろう。
コンクリート作りの通信塔基部横にダックインしていたのでは、と思われる。
砲口は未だに海を向いてさび付いている。
Dsc_0465
陸軍のホキ砲と海軍の96式25mm連装機銃?
ナショナルミュージアムの入り口近くに無造作においてある。
手前には機雷やペラなども。
Dsc_0475
旧南洋庁の建物。
Dsc_0547
スコールの中、踊り狂う野上さん。
Dsc_0659
旧海軍水上機用のスリップ。現地では「スコウジョウ」と呼ばれている。
Dsc_0742
旧海軍基地跡。今はモニュメントと墓地に。
Dsc_0747
南洋神社跡。本当の建物跡はこの上の小山、旧ニッコーホテル跡地にあるらしい。
Imgp2067
パラオに沈む夕日。
Imgp2119
現地の地ビールと枝豆。
Dsc_100208
ペリリュー島へ向かう。
Dsc_100587
ペリリューのトーチカの内部。
Dsc_100595
米軍のLVT(A)-1か。
Dsc_100624
海軍の短20センチ砲と思しき物が、洞窟に据え付けられている。
近くにはドラム缶や弾薬の集積所も。
Dsc_100696
中川大佐終焉の地。
Dsc_100723
大山から海岸を望む。
Dsc_100797
旧海軍司令部跡。天井や壁を爆弾が貫通した後が残っている。
Dsc_100859
95式軽戦車。右側から砲弾が貫通した跡が残っており、砲塔が横に転がった当時の写真も存在する。
Dsc_100936
ペリリューの空港。ペリリューには1800mと1500mの滑走路があり、その内の1800mのが現在でも残っている。
Dsc_100982
ゼロ戦52型の残骸。
多分、空港横に駐機していて破壊されたのか、脚出し状態である。
Dsc_1010231
LVT(A)-4と通常のLVT、そして謎の増槽?
因みに、ペリリュー島には他に地雷で破壊され横転したシャーマンと、撃墜されたアベンジャーがあるらしいが、その周辺は未だに地雷が埋まっており、結構危険らしい。
次回の課題の一つか。
Dsc_1010271
千人壕と呼ばれる洞窟。ライトをホテルに忘れるという大失態で、途中までしか見る事が出来なかった。
Dsc_1010803
ペリリューからの帰路、水上機用の海上補給基地。ドラム缶が転がっているのが見える。
Imgp2461
水中から撮影すると、まるで空飛ぶクラゲ。人間が写ったのは大失敗。
Imgp2646
パラダイスというシュノーケリングポイントの水中。
足元は珊瑚礁、そして熱帯魚が多数。
Imgp2930
バベルダオブ島にある日本海軍通信隊跡、そしてそこに無造作に転がる96式25mm連装機銃とか特二式内火艇、そして謎の工作車輌。同島の奥には転圧用の車輌も転がっているので、似たようなものか?
Imgp3049
廃屋の前に無造作に転がる謎のペラ。後で日の丸が書かれているが、何の物かは不明。

|

« ヴァルハラの発売日 | Main | 忙しいです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パラオ取材概要:

» 旧日本海軍の空母、戦艦、巡洋艦 [旧日本海軍の空母、戦艦、巡洋艦]
旧日本海軍の空母、戦艦、巡洋艦、駆逐艦、潜水艦を紹介しています。また海戦記なども、動画、写真で紹介。 [Read More]

Tracked on July 10, 2007 07:32 PM

« ヴァルハラの発売日 | Main | 忙しいです »